薬剤と健康について

薬剤と健康について

私が主に使用したことのある薬剤ナンバーワンは睡眠薬です。
マイスリー、アモバン、デパスを服用したことがあります。

 

マイスリーは処方薬ですので、病院で処方していただきました。
こちらは飲み過ぎたことによって耐性が付き効かなくなってしまいました。

 

そこで通販でアモバンとデパスを購入しました。
アモバンについては、口が苦くなりましたが、慣れればかえってそれが睡眠をもたらしてくれるシグナルに思えて安心できました。

 

しかしこれも飲み過ぎて耐性が付き効かなくなってしまいました。
そのため、次はデパスを試しましたが、これは体がフラフラするのでかなり危険だと感じました。バイアグラジェネリック

 

しかし、それにも増して眠りたかったのでデパスを大量服用して寝るようになりましたが、これも結局耐性が付き眠れなくなりました。
睡眠薬を試して感じたことは、結局薬では眠れなくなるということです。

 

耐性が付きにくいと言われている薬剤でも結局飲み過ぎると耐性が付きます。
そして、離脱症状がかなりキツイです。

 

私などは、睡眠薬を止めてから3日以上も全然眠れなくなり、
これは本当にマズイと思いインターネットで人間は何日寝ないと死ぬのかという記事を検索したりしていたほどです。
3日で死ぬというデマもあり、本当に眠れない人は世の中意外に少ないと感じました。

 

それでかえって、皆私よりも幸せなのだなと鬱になったりしました。
それでも私が睡眠薬を止めることができたのは、思い切って寝ない、もう眠れなくて死ぬのなら死ねと思うことでした。

 

いわゆる荒療治です。寝なくても人は死にません。死ぬ前に気絶したりして強制的に眠らせられると思います。
また、この他にもドリエルなども試しましたが、市販薬だけに副作用は少ないと感じましたが、効果も少ないと思います。

 

ドリエルを飲み過ぎると眠くなるというより、苦しくなって辛いです。グッタリするという感じです。
その他、なぜ私はこんなに眠りたいのかと心理を探りましたが、結局のところ、人生がつまらない、
起きていても暇なので人生をショートカットスキップするという感じなのだと思います。これは今の悩みでもあります。ピル値段

 

スキップしてもしなくても、人はいずれ死にます。
そのなかで、少しでも楽しんで生きることが健康な人生になるのではないかと思います。

今年の春以降、実家の家事をすることになりました。
実は母が突然病気になってしまい入院したのですが、退院してからもしばらくの間は絶対安静ということで私が実家にいる母と父の食事を作ったり掃除をしたり、日々の買い物をすることになったのです。

 

普段は自分の身の回りのことと仕事しかしておらず、椅子に座ってPCの作業をすることがメインの私からすると実家の家事は立ち仕事がメインで、
直ぐに肩や首、腰が痛くなりました。
またそれら症状とは別に足の裏が痛くなってきました。

 

ふくらはぎや太ももの筋肉がパンパンに張ってしまうのは立ち仕事ならよくあることですし、私もこれまでに何度も経験してきました。
しかし今回のように足の裏が痛くなるというのは初めてのことでした。ピル値段

 

症状は朝起きると足の裏が痛いという状況です。
そしてベッドから起き上がって床の上を歩くと激痛まではいきませんが結構痛く、足裏マッサージをしてもらっているような感じになりました。

 

ところがそれは数分のことでその後は痛みが徐々に消えていきます。これは一体何だろうなと不思議に思いました。
1ヶ月間ほどそのような状態が続き、でも全く治る気配がないので病院に行くことにしました。

 

それで医師に言われたのは足底筋膜炎とのことでした。足裏のアーチが消えていて炎症を起こしていると。
治すにはとにかく足を休ませることや靴の中にインソールを敷くことをアドバイスされ、湿布と塗り薬、そしてロキソニンをもらって様子を見ることになりました。

 

両親に説明をして家事(特に料理や掃除)の量を減らすことにし、湿布を貼って足を休ませました。
靴の中にはクッション性の高いインソールを買って入れました。また昼間に痛くなったときはロキソニンを飲んで気分を紛らわせました。

 

すると1ヶ月半ほどで足底筋膜炎の症状は消えました。
最初は相当痛かったので足裏に湿布を貼って過ごしたり、お風呂上がりに塗り薬を塗ってから眠るようにすると徐々に痛みが軽減しました。
今はもう痛くありません。朝起きたときの痛みはもちろんのこと違和感もありません。

 

冒頭に書きましたが普段ずっと椅子の上に座って作業をしていた者が、突然家事をし始めて朝から深夜まで(仕事をしていない間)足裏に全体重を載せていたら、私でなくても足底筋膜炎になるのではないかなと思いました。ピル通販

 

一時期は朝起きるのが恐く思えるときがあって精神的にまいったこともありますし、治らなかったら手術だと医師に言われたこともありましたけれども、
湿布や塗り薬、ロキソニンのおかげで何とか元の状態に戻すことができて本当に良かったです。

気温が下がり寒くなってくると空気が乾燥してきます。小さいお子様からお年寄りまで、
乾燥に悩まされる方も多いかもしれません。
乾燥して肌がカサカサになってしまったり、お子様も赤くカサカサになる事もあります。

 

子供は、皮脂腺が未発達のために少しの乾燥でも皮膚を保護できないために、乾燥しやすい状態にあります。
大人の場合は、肌の水分量が足りていない、老化によって水分を保持する機能が減少しているという事があります。プロペシアジェネリック

 

そして、季節的な感想だけではなく、室内でもエアコンや暖房器具による風などで常に乾燥しやすい環境のなかで生活していると言えます。

 

乾燥肌で不快なのは、痒みです。
乾燥肌の場合、皮膚の表面の皮脂が減少しているために肌を保護する機能が低下しています。

 

保護する機能が低下している事で、敏感肌になってしまい、顔や腕、足、太もも、お腹、背中など髪の毛や
衣服に触れたりするだけでも痒みを感じる事が多いです。

 

少しでも痒みを感じたら、できるだけ保湿するための対策を取りましょう。
室内に加湿器を設置したり、濡れたタオルを干すだけでも空気中の乾燥を防ぐことが出来ます。

 

また、肌への保湿ケアもしましょう。清潔な肌にローションやクリームなど、肌を守るためのバリアを作ってあげましょう。

 

また、乾燥による痒みを放置してしまうと、どんどん皮膚をひっかいてしまい二次的な湿疹が形成されてしまいます。
赤みが増したり、ブツブツなどができるなど完治するまでにも時間が掛かってしまいます。

 

少しでも痒みを感じてしまったら、悪化してしまう一歩手前だと思った方が良いです。
痒みによる湿疹ができてしまった場合には、皮膚科医院での治療を受ける必要があります。レビトラジェネリック

 

自然に治そうと思っても、痒みがつづいているために治すことが困難で、悪化させてしまうケースのほうが多いです。
そのため、はやめに皮膚科医院を受診しましょう。外用薬を処方されることが多く、ビタミンBなどの内服薬を処方されることも稀にあります。

 

処方されるお薬は、症状がひどい場合にはステロイド剤、尿素配合の軟膏、ワセリンが含まれている保護クリームなどが一般的です。
最大の治療としては、乾燥を予防することでこまめな保湿ケアを行いましょう。

 

 

 

 

私は自分の健康をできるだけ、薬や今ある医療にばかり頼らないよう心がけています。
かといってもしも癌になれば、病院へ行かないといけませんし、虫歯になれば歯医者さんで治療を受けないと治らないでしょう。

 

しかし、ときどき、歯は虫歯になっても削らないほうがいいとかそういった本をちらっと新聞の紹介なので見かけることがあります。
私は割合そうしたことに影響をされやすいので、本当のところはどうなのかはわかりませんが、
もしかしたらそうした事実も世の中にはまだあるのかもしれないと考えることがあります。

 

私の知人で大腸がんになった方がいました。ステージはたしか2ぐらいだったのですが、
手術をしてその部分を摘出したので今は仕事にも復帰していると聞いています。
しかし、その病気が分かったときはとてもびっくりしました、まだ年齢も割合若かったので、奥さんもとても心配してしまいました。美白になる方法

 

それから、その方は知り合いの勧めもありとあるラジウム温泉のある施設へ療養しに行くことがあったそうです。
そこで、偶然にもお医者さんとたまたま浴室で知り合いになったそうです。もちろん、その方はお医者さんなので、
彼の手術跡をみればそれがどんな病気だったのかはすぐに理解していたのでしょう。

 

その方は彼にこうアドバイスをしたそうです、毎日綺麗な水を沢山飲みなさい(確か3リットルくらいだったような)、
食事も野菜を多く摂り、なるべく肉などは控えたほうがいいですよと。

 

しかし、彼は急にそんなことを言われてもなあと思っていたそうなのですが、そうしたようなことを口にすると、
迷ってる暇はないですよときつく言われてしまったそうです。

 

その後、その人が水を飲んでいると野菜を沢山食べているとかそういう話は聞きませんが、
がんが再発している様子はないようです。

 

その時にそのお医者さんは、最近の医療はすぐにきろうとするがそれががん細胞を
刺激することもあるから本来気をつけて判断する必要があるといったそうです。美白美容液ランキング2014

 

 

例えばうつ病の薬などにしても、それを飲み続けると非常に副作用が強くて、
正常に物事を判断することができなくなるようなものもあると聞いたことがあります。

 

なので、健康は普段の生活と適度な運動が大切だと私は考えています。

普段はなるべく薬を使わないように生活をしています。
もともと妻が健康志向で、体調を崩すことがあっても、薬に依存するよりは食事や生活を健康適に変えていくことで
自然治癒力が戻ってくるのを待つという発想の持ち主だからです。

 

それに影響されて、少しくらい熱が出たとしてもあまり薬を飲まなくなりました。
しかしどうしてもはずせない用事はある場合は、休んで迷惑をかけることができないので、あまり症状がひどくなるようだと、
ドラッグストアで薬を購入して飲むこともあります。

 

とくに最近つらいのが、腰や肩の痛みです。
長時間、毎日のようにパソコンを使っているので、同じ姿勢ばかりで体に負担がかかってしまうようです。

 

あるとき、いすに座った姿勢のまま、誰かが呼ぶ声に振り向いたら、急に左肩が痛くなってしまいました。
最初のうちは肩をさすったり、自分でマッサージしたりしてみたのですが、痛みがおさまるどころかどんどんひどくなりました。膣カンジタ薬

 

翌日には肩を動かすのさえつらくなり、痛めた肩をかばっているうちに体全体の筋肉がぱんぱんに張ってしまったのです。
そのときは姿勢を変えるのさえつらくなってしまうほどでした。

 

そこで近所の接骨院に通ってみたのですが、一回や二回の診察で治るものではありませんでした。
肩や腰が痛む症状が慢性化してしまっていたのです。

 

そこでさらに、評判のいい整体院を探して通うようになりました。先生の診断は頚椎がずれているとのことでした。
残念ながら、痛みが消えても用事が立て込んでくるとまた痛みがぶりかえてしてくるような状態になってしまいました。

 

そこで困ったすえに、再びドラッグストアに入りました。
見つけたのがCMで幼いころからおなじみだった頭痛薬でした。

 

頭痛や風邪の症状に効果があるだけでなく鎮痛効果があり、どうしても我慢できない場合はこの頭痛薬を飲んで、肩や腰の痛みを緩和しています。
もちろん、痛み止めだけでは根本的な改善にはなりませんが、はずせない用事が立て込んでくるととなかなか長期間治療に通うこともできません。

 

今後も薬と上手に付き合っていきたいと思っています。